スルフォラファン 肝臓

スルフォラファンで肝臓をケアすれば二日酔い、悪酔いも避けられる?

 

スルフォルファン(スルフォラファングルコシノレート)のがん予防に対する研究は日夜進められていますが、もう1つ、スルフォルファン(スルフォラファングルコシノレート)には大きな力があると研究が進められているものがあります。

 

それがアセトアルデヒドの分解の促進。

 

アセトアルデヒドは悪酔いの原因物質とも呼ばれていて、特に肝臓への大きな負担をかけてしまうといわれています。

 

このページではスルフォルファン(スルフォラファングルコシノレート)とアセトアルデヒドの関係を調べていこうと思います。

 

※薬事法に基づき、その効果を断定して表記することができません。
カゴメから発売されているサプリメント「スルフォラファン」としてではなく、あくまでファイトケミカルのスルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)に対する研究として調べ、記載していることを念頭にご覧下さい。

 
  • アセトアルデヒドの元になるのはアルコール。

    体内に入ったアルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドと呼ばれる有害物質になります。
    このアセトアルデヒドが体内に蓄積すると顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛を感じる原因となってしまいます。

 

  • アセトアルデヒドを分解するために必要なのはALDH(アルデヒド脱水素酵素)と呼ばれるものですが、日本人は生まれつきこの酵素の力が弱いとされています。

    悪酔いや二日酔いを防ぐには、この酵素の力を高めていかなければなりません。

 

  • 研究により、スルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)は肝臓のALDHを活性化させることで、悪酔いの原因物質・アセトアルデヒドの分解を促進させることが明らかになりました。

 

 

 

スルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)自体が悪酔いを防ぐのではなく、肝臓の力を支えてくれる、と解釈するのが正解のようですね。

 

どちらにしても翌日などに持ち越さず、楽しくお酒が飲めるようになるのは素敵なことだと思います。
スルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)は健康の基礎力だけでなく、こういった部分でも私たちを支えてくれるんですね。