カゴメ スルフォラファン ブロッコリー かいわれ

カゴメスルフォラファンとブロッコリー、かいわれの成分を徹底比較!

 

カゴメスルフォルファン3粒に30mgのスルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)を配合している人気サプリメント。

 

スルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)はブロッコリーやかいわれなど、アブラナ科の植物に含まれている健康成分ですが、これらの野菜から直接摂取するにはかなりの量が必要になってしまいます。

 

具体的にどれくらいの量が必要なのか、それぞれに含まれる成分なども一緒に比較してみました。

 

カゴメスルフォラファン(3粒)

エネルギー 3kcal
たんぱく質 0.07g
脂質 0.002g
炭水化物 0.6g
ナトリウム 0〜1mg
SGS(スルフォラファングルコシノレート) 30mg

 

 

ブロッコリー(一株/200g)

エネルギー 66kcal
たんぱく質 9g
脂質 1g
炭水化物 10g
ナトリウム 40mg
SGS(スルフォラファングルコシノレート) 30mg

 

 

かいわれ大根(1.5パック/30g)

エネルギー 7kcal
たんぱく質 0.6g
脂質 0.16g
炭水化物 3g
ナトリウム 1.6mg
SGS(スルフォラファングルコシノレート) 30mg

 

※スルフォラファンは食品中ではSGS(スルフォラファングルコシノレート)として存在し、体内で分解されることでスルフォラファンに変わります。

 

 

あくまで一般的にいわれている成分量をまとめたものですが、1日の摂取目安量といわれているスルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)30mgを摂るには、ブロッコリーだと1株、かいわれ大根だと1.5パックもの量が必要となります。

 

 

カゴメスルフォラファンは1日3粒飲むだけで、ブロッコリー1株やかいわれ大根1.5パックと同量のスルフォラファン(スルフォラファングルコシノレート)の摂取が可能

 

気軽に健康の基礎力を支えるサプリメントとして注目されている理由はここにもあるといえそうです。